読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

初 お1人様で自転車

どもども

みなさんきっちょむです

 

普段LINEやフェイスブックなんかで

「明日トレーニングに行こうぜ」

「じゃ、xx時にOO集合」

ってやるんですが

都合が合わないときもあります

 

そんなときは布団でヌクヌク2度寝にかぎりますね♪

 

 

 

だがしかし

今日に限ってはランチに一人で行く事ができないチキン野郎が

運命のいたずらか

ソロライドに行く羽目になってしまったんです

みんなで仲良しライドの模様はこちら

     ↓

乗り納めてまいりました - ゴールドコースト朝活ブログ

f:id:gc-asakatsu:20170108175832j:plain

 

見てください

キレーでしょ?

先週洗車したんです

 

さて、初ソロライド

行き先を決めなければいけません

 

どうしようかな

一人で50kmとか寂しいな

30kmじゃ短いし・・・

 

ってなわけで

ほぼノンストップでいける

お気に入り40kmコースに行く事にしました

 

 

 

コレが悲劇の始まりでした

f:id:gc-asakatsu:20170108175838j:image

 

気持ちの良い空

日中は恐ろしく痛い日差しがまるで台風のような激しさだとすれば

気温が低いせいか

早朝のそれはまるで穏やかな春の到来を告げるそよ風

 

といったぐらいの気持ちよさ

時々すれ違うサイクリストと挨拶を交わしたり

ジョギング中のお兄ちゃんや犬の散歩を楽しむ老夫婦

みんなそれぞれゴールドコーストの朝活を楽しんでいました

 

途中パンクして立ち往生している

高級自転車乗りのおじさんに声をかけ

「Yeah All good bud!」

と威勢の良いお返事をいただけたので引き続き絶好調のサイクリング

 

さすがに高級住宅街はさながら展覧会か品評会のようにサイクリストがたくさん

いまさらながら自転車乗りって余裕あるんですね~

 

さて、

そろそろ折り返し地点

家に向かって南下しようって

ハンドルを切りました

 

 

 

 

 

f:id:gc-asakatsu:20170108175844j:image

 

 なに

この日差し

そして

向かい風

 聞いてないんですけど

 

家を出るときにはまったくの無風だったのに

そして

穏やかな春を思わせる日差しが今じゃまるでゴビ砂漠

 

おいおい

だれもいないぞこの帰路

ドラフティングもできないし

コレ

予想以上にやばいぞ

 

しかも

朝ごはんなんてもちろん食べてないし

食料なんて持ってきてない

さらには万が一のとき用の旅費もない

 

ここから激坂が待ち受けているというのに明らかに足りない

食料も体力も日焼け止めもなにもかも

 

かろうじてあるのは

ヌル-くなったボトルのアミノ酸ドリンク(チョイ甘め)

少し寝不足気味のからだ

中古自転車

やり切るというあきらめの悪さ

   ↑

結構何でもそろってる

 

と、ここまで大げさにかいておきながら

誇張しすぎるのも良くないのでやめておきます

 

普通に帰宅しました

えぇ

何事もなく

 

ただまぁ当初の予定よりずいぶんしんどかったです

いや

本当に

あんなに暑くて向かい風の予定じゃなかった

風向き変わりやがった

 

いつも誰かといっしょだと交代で先頭をやるのでだいぶ助かってたんだなぁ

って、実感しました

 

もし次1人で走るってなったら出発まえにもっとよく考えます

良い経験になりました

 

みなさん

オーストラリアで自転車に乗るときは

水分補給を忘れないようにしましょう

通学・通勤の比較的強度の低いサイクリングでもです

自転車って風を受けているので予想以上に水分が出ているのに気がつかないんですよね

あと

日焼け止め

 

コレは必須

オーストラリアの日差しを舐めてはいけません

すぐ焼けます 

    ↑

なんかのキャッチフレーズみたいだ

 

日焼け対策をナメてるとシミだらけシワだらけになってしまいますよ

気をつけましょう

 

かといって長袖をきていられるほど甘いものでもありません

日差しの強さと気温の高さはかなりやばいです

サイクリングも早朝じゃないときついですよ~

 

ただ、日本と違って湿度が低いので日陰に入ってしまえばこっちのもの

とてもすごしやすい良い気候ですよ

皆さんも機会があれば是非ゴールドコースト

朝活 自転車ライドしてみてください!