読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

オーストラリアのコーヒーについて考える

どうも皆さん

最近ホホ毛(ほっぺのひげ)を脱毛して朝の準備が3倍楽になったきっちょむです

 

今日は朝活以外

でも、朝活にふかーい関係があるあの事ことについて書いていきたいとおもいます

 

それはコーヒー 

何で朝活とコーヒーが?

と、思うそこのあなた

このブログちゃんと読んでくれてますか?

おっさんたちが朝からヒーコラヒーコラやっている

実録日記を嘲笑の目で羨望のまなざしで

しっかりと熟読してください

 

というのもいつも朝活メンバーのおっさんたちは汗をかいた朝活後に

熱いコーヒーをたしなんでおります

なぜ運動のあとに熱いコーヒーなのか

わかりません

特にオーストラリアの自転車乗りはみんなそろいもそろってカフェに立ち寄ります

それにジムやプールにカフェが併設されているし

 

そんなオーストラリアで生活しておもうんです

「オーストラリアのコーヒー文化は日本より発展している」という事です

 

なにせあのスターバックス撤退しちゃうぐらい

オーストラリアのカフェって参入が難しいらしいです

 

えっ?人件費が高いだけ?

トヨタだってフォードだってそれが原因で撤退だろうって?

 

   ・

   ・

   ・

 

言葉が返せませんな

 

まっ難しい話はおいていて

今日のところは「オーストラリアのコーヒーが旨い」という趣旨でお願いします

 

お気に入りカフェDAARKさんのエントリーはコチラ↓

ビッグダディKと初ライド - ゴールドコースト朝活ブログ

 

f:id:gc-asakatsu:20170110084824j:image

 

まず、断っておきますがワタクシ美食家でもコーヒー通でもありません

いわゆる平均的なアラフォーのおっさんです

こいつおかしいぞ

ほんまいかな?

なんて思ったらぜひ自分でオーストラリアのカフェを体験してみてくださいね

色々な発見もあるし楽しいですよ

 

ところでオーストラリアのコーヒーってどんなの?っていうことですが

もともと紅茶のお国イギリスの植民地だったオーストラリアは今ではいわずと知れた移民大国

イタリア系移民の登場によって紅茶がコーヒー文化にのっとられるわけですね

そう

イタリア系のコーヒーです

つまりエスプレッソなんですね

 

じゃ、なぜエスプレッソがおいしいか(感じ方は個人差あります)

それは蒸気でブワッとサッとコーヒーを抽出するため雑味がフィルターのコーヒーより少ないんだそうです

だからまろやかで酸味が少なく香り高いんだそうな

 

コレがいわゆる一般的な日本のコーヒー屋さん(喫茶店)

フィルターのコーヒー

          ↓

f:id:gc-asakatsu:20170110084900j:image

 

コレが いわゆる一般的なオーストラリアのカフェ

わかり辛いですがカプチーノ

        ↓f:id:gc-asakatsu:20170110092927j:image

 

ねっ ←何が?

 

ちなみにこちらはゴールドコーストカフェランキングの常連

Paddockさんのクロワッサン (激ウマ)

          ↓

f:id:gc-asakatsu:20170110084941j:image

 

そしてこちらは友人宅の超絶コーヒーマシーン

一般家庭にこんなメカが普及するぐらいエスプレッソが浸透しています

 

お店の味が家庭で味わえてしまうこの至福

焙煎したて挽きたての豆で入れるコーヒーってこんなにおいしいんですね

自分のお気に入りの豆を見つける楽しさや

腕が上達すればラテアートなんてものもできちゃうんじゃない??

f:id:gc-asakatsu:20170110084913j:plain

 

はいっ!

きっちょむの初自作カプチーノ

クレマ茶色の部分)という上質なコーヒーにでる泡状のものが良く出ていてとても香りが高かったです

アートへの道は険しそうだ

f:id:gc-asakatsu:20170110093300j:image

 バリスタの資格もレベルに応じてあるようで

1日だけのコースが取れる学校もあるみたいですよ

ワーキングホリデーにきたらバリスタの資格を取って

おしゃれカフェでバリスタとして仕事見つけるのもありかも!