ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

大卒 工場勤務だったけど留学 移住してよかったこと まとめ

きっちょむです

時々こんなブログを書いたりして

 

gc-asakatsu.hatenablog.com

移住っていいよ

楽しいよっていっています

具体的にどういいのか

そんな事を今日は書いていきたいとおもいます

 

f:id:gc-asakatsu:20170117100625j:image

 

まずぼくなんですが

オーストラリアに2004年に語学留学のためにきました

それからあっというまに13年

 

 まずオーストラリアにきて良かった事の1番にあげられるのが

英語が話せるようになったことです

 

 

 

 

 

っていうと、
「はぁ英語圏に住んでいるんだもん当たり前じゃん!」
なんて声が聞こえてきそうですが
短期留学とかワーキングホリデーに行った友達が自分の周りにいたら聞いてみてください
きっとチケットや公共料金とかの支払い/申し込みができる人ってなかなかいないです
これが電話となるとさらに難しいんですね
 1・2年いてコレができるようにならないで帰国する人って思ったより多いですよ

 

じゃぁ何でできないのか

それは単純に

「やらないから」

 

難しそうだったり

大変そうっていう理由で英語ができる友達に頼んじゃったりするじゃないですか

それって伸びるポイントを失っているんですよ 

完璧な機会損失

”勉強”って書くと誤解を生みそうですけど

やるかやらないかの違いがそこで大きく出てきます

 

たとえば好きな海外ドラマでも映画でもいいです

まずは行動すること

そして続けることです

 
 
 
さぁじゃんじゃん参りましょう
良かったこと2番目は
自分の中で思っていた普通が普通じゃない事に気付いたことです
 
すべて自己責任
プールでは飛び込み台から子供たちが飛び込んでいたり
パドルもフィンも腕時計だってつけていても大丈夫

日本じゃ考えられないけれどテレビのお料理番組の先生がネイル、指輪、ブレスレットなんでもありだったり

 

危ないからダメって臭いものに蓋をしておしまいっていう事をしない

きちんと根本から片付ける

たとえば日本では政治屋さんだったりが責任をとって辞めるじゃないですか

あほですかって

もうなんか笑えてしまうレベル

それ何も解決されないんですけど

 

えっと・・・

あなたたちは小学校のときに牛乳こぼしたら自分で拭くように先生に言われませんでしたか?

なぜ尻拭いをひとにまかせるんだろう

自分でまいた種なら無償でもやれよ

こういう日本に疑問を抱くようになりました

 

その3はねもうね何ものにも変えがたい経験

はい、経験です

 

日本に住んでいるときはまったく興味がなかった

トライアスロンを始めたのも良い経験

 

バスケットボールコートでスラングばっかりを覚えたことから英語が伸びました

あそこで培ったコミュニケーションはコレまでの13年を大きく支えてくれています

 

オーストラリアって移民の国なんです

もちろん人種関係なく住んでいるところがほとんどですが

場所によってはベトナム人街があったりイタリア系移民の多い地域

ポリネシア系の人が多い地域なんていう風に住みわけられていたりします

するとそこではオーストラリアであってオーストラリアでないような

おいしいピッツァだったり本場顔負けのフォーが食べられたり

そんな経験をすることもできたりします

 

もちろんそれはポジティブなものばかりではありません
人種差別だったりもあります
そんな事も踏まえて経験
自分の血となり肉となっています

 

3番目に良かった事は余裕ができたことです

日本にいたときは

こうあるべきみたいな考えかた(いまだ抜け切れていない部分もあります)

そんなものに支配されていました

 

ところがオーストラリアに来てから

特に移住してからはずいぶんと考え方が変わりました

実際に時間の余裕が生まれたことと直結しています

家族と過ごそう
とか
趣味の時間を持つ事ができる
とか
そういった余裕が自分の人生を大きく明るくしてくれている気がします
 
 
4番目は行動力が付いたことです
始まりは2004年
不慣れな英語でシェアハウスとはいえ始めての1人暮らしをはじめたわけです
そこからやらなきゃ何もはじまらない生活が怒涛のように押し寄せてきました
おもてなしなんてないですからね
欲しかったら聞く
しっかりとコミュニケーションとって主張する
コレが求められます
 
おそらくオーストラリアって日本以上に行動力を求められるでしょう
だって個人がとっても個性を持って個として生活しているから
 
5番目は日本を客観視することができる
 
右倣えの日本
これが一番の苦痛だった
今ではキャラ弁がは差が付くからダメって
徒競走は順位がでるからダメって
そりゃ走るのが遅いぼくとしてはラッキー♪ですよ
でも
それで競争力は育つか?
自由な考えをもったこどもが育ちますか?
大丈夫か日本?

悪い事は言わない
ちょっとでいいから
2-3ヶ月でいいから日本を出てみたらいい
台湾でもハワイでもフィジーでもいい
一度日本をでてみると
自分が広がります
行動力 思考力 
プワ~っと広げてみましょう

 

 

 

f:id:gc-asakatsu:20170117100635j:image