読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

ゴールドコーストの日差し 対策とアフターケア

トライアスロン トレーニング 雑記

どうもきっちょむです

すっかり自転車通勤も復活して朝活生活を取り戻しました

 

 f:id:gc-asakatsu:20170201113229j:image

 

皮膚がん大国 オーストラリア

一般的にオーストラリアって皮膚がん大国だっていわれています

紫外線が強い」ことが理由にあげられていますが

どの程度強いのか

 

オーストラリア歴4ヶ月のかっぱはんに伺ってみました

人生初めての真夏の1月を南半球で迎えて数日

彼はオーストラリアの日差しの強さを

「調理場の焼き場」

 

正直飲食で働いた事がないのでいまいちつかめませんが

逆にオーストラリアの日差しを知るものとしては

「あぁ飲食業って大変だなぁ」

 

だって、めちゃくちゃ暑いですよ

腕とか足とかジリジリが半端ないです

そりゃーもう皮膚の水分飛びまくり

少し年配の方なんかだと「皮膚がんを切除したんだなぁ」っていうガーゼを腕に張った人がそこかしこにいたりします

もちろんそれは年齢に限った事ではありません

会社でも同僚の「明日の朝は病院で皮膚がん取ってくるから遅れます」みたいな報告を聞きます

 

 

 

正しい日焼け対策

1に日焼け対策

2に日焼け対策

3も4も日焼け対策

5がようやく日焼けあとのメンテナンス

 

っていうぐらいまず日焼け対策が重要です

 

日焼け対策ときいて勘違いしている人がいると思いますが

どれだけ強い日焼け止め塗ってもダメですよ

それじゃ足りません

コレはオーストラリアに限った事ではありません

ちゃんとサングラス帽子肌を隠す事

 

えっ!?泳ぐんだからって?

そりゃーなおさらラッシュガード着なければダメですね

ちなみに日焼け止めは1時間に1回塗りなおしましょう

汗や水で流れます

大手企業が汗にも強いとかいったって知れてます

塗りなおしましょう

 


日焼けあとのお肌のケア

若いから大丈夫って思ってたら大間違いです

アジア人は肌が強いなんて思っていてもダメです

 

なぜならこの元祖もやしっ子きっちょむが体でもって証明しているからです

小さなころから日焼けしない

日に当たってもちょっとだけ赤くなって次の日には元通りな生粋のもやしっ子でした

そんなぼくの腕

   ・

 

   ・

   

   ・

こんなになっちゃいました ↓

 

 f:id:gc-asakatsu:20170201113238j:image

 

 

 

シミだらけ お食事中の方すみません

 

こうならないためにもまずは日焼け対策

そして日に当たったなら保湿をしましょう

お肌は予想以上に水分を奪われています

 

余談ですが東北に美人が多いといわれているのは冬の間雪に覆われている事

そして、地下水をくみ上げて町の中の雪を溶かしていたりすることから

年中湿度が高いからお肌がきれいなんだそうです

 

老若男女問わず日に当たったら保湿

もちろん冬場の乾燥している時期も保湿が大事です

加湿器なんかも効果的ですが

やはりココは肌に直接保湿クリームなどを塗るのがいいとおもいます

 

30後半のおっさんが肌の手入れや保湿をこんなに語ると気持ち悪がられますが

ガンは避けたいですからね

アウトドアライフを謳歌するためにも健康第一で楽しみましょう!