読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

オーストラリアで自転車にのるときに覚えておいてもらいたいルール

どうもきっちょむです

 

ヘルメットってダサい?

時々日本人とおもわしきヘルメットをかぶらないで自転車に乗っているサイクリストを見かけます

マジで危ないからやめましょう

日本だったらありなのかな?でも、オーストラリアは本気で危ないです

なぜなら歩道は歩行者のもので自転車は車道を走るものだから

 

「いや、ママチャリだし」っていうそこのあなたママチャリも立派な車両です

車道を走ることが基本です

 

ちなみにオーストラリアの田舎に住んでいますが一般道では時速60-70kmが当たり前、幹線道路?にあたる場所では普制限速度が時速80km

そう、日本よりよっぽど速いです そして自転車でそこを走るんです

真横をクルマがビューンと行きますよ まったく遠慮なんてない人もいますから

風にハンドル取られることだって、空き瓶が転がっていることだってあります

 

そこでヘルメット無しでの転倒はすなわち

 

 自転車はほぼ生身の状態で乗ります

せめて頭だけでも守りましょう

ヘルメットかぶるのがダサいとおもいますか?

自転車事故で大怪我するほうがよっぽどダサいでしょ

 

 f:id:gc-asakatsu:20170202132841j:image

 

行動に移す前に確認しよう

ほら、やっぱり車道危ないじゃん

歩道を走ったって良いでしょ!っていわれてしまいそうですね

じゃ、百歩譲って歩道を走っていいとしましょう

車道にフラフラ~っと出てくるのをやめてください

いや、出てくるならせめて確認してからにしてください

 

車道に出てくるときに本気で何も見ないで出てくる人いるんですよ

そりゃ経験則で「あぁ歩道を自転車で走っている人いるな こわいなぁ」って思いますよ

ただ、コッチも後ろからクルマが来てたりしますからよけられない事があります

日本だったらフラっと出ても大丈夫かもしれない

道幅が狭いからスピード出していませんし、そもそも自動車の法廷速度も遅いし

ここではそれは通じないですよ

 

いわれなくてもわかってる? いや、わかってないね

なぜぼくがこんな事をいうのか

それは通勤途中なんかにヘルメットかぶっていなかったり、道路を横断しようとしたりしてメチャクチャ危ないワーホリらしき人を見かけるからです

そして、運がいいのかわるいのかオージーにおしっこちびるんじゃないかぐらい怒られて

それでも「良くわかんないけど怒られた~」とかいっている危機感がない人がいます

 

マジで死にますよ

 

実はぼく、5年ほど前普通に交通のルールにしたがってランナバウト(環状交差点)に進入し通り抜けようとしたときに左から来た車に轢かれました

*環状交差点は自分に対して右から来た人を優先させます

当然ぼくは何も悪くない

たまたまヘルメットかぶっていて、後ろから来たクルマが急停止してくれたから助かりました

もしヘルメット被っていなかったら

後ろのクルマが止まれなかったら

今年で4歳になる娘にも会えていませんでした

ただただラッキーでした

 

「オーストラリアってスローライフで良いよね」なんていっているなら大間違い

ここの人はひとたびハンドルを握れば恐ろしいくらいせっかち

信号が青に変わって2秒もすれば後ろからクラクション鳴らされますよ

車間距離つめようとしすぎて自然渋滞が起こることなんて日常茶飯事

江戸っ子もビックリなぐらいせっかち

 

ぜひ自分の身を守るためにもヘルメットの着用と確認は怠らないようにしましょう