ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

仕事前に朝活! オーストラリアで流行っている朝活ベスト5

どうもみなさんきっちょむです

 

朝活してますか?

ぼくはおかげさまで筋肉痛を引きずったままですが楽しく朝活できています

 

ゴールドコーストの夜は早いです

なぜなら朝が早いから

早起きしたら朝活ですね!

走ったり、泳いだりそれこそブログを書いたりって朝活って色々ありますよね

今日は街で見かけるスポーツ朝活を紹介したいと思います*

*ベスト5だっていっておきながら順位はつけません

個人的な感想としてのベスト5です

 

エクササイズの基本 澄んだ空気を思いっきり満喫できる散歩

やはり朝活の基本すべてのエクササイズの基本といえば散歩ですね

ちょっとかっこよくいいますとウォーキングです

老若男女問わず歩いている人がいます

下は0歳から上は80-90歳?

お母さんお父さんや、ご老人がベビーカーを押していたりします

ゆっくりおしゃべりしながら歩く人、腕を大きく振ってガシガシ歩く人

いろんな人がいます

朝活するときに何からはじめようかな?って迷ったら散歩が一番でしょう

装備も少なくてすみますし、何よりも手軽に始められます

 

余談ですが、イヤフォンをしながら電話している人を見かけるとこの朝早くにだれに何を電話かける事があるんだろうなんて事が気になったりします

盗み聞きするわけではないですが聞こえてくるのは大体英語ではない言語 

なるほど時差があるからこんな時間にかけているんだなぁってなっとく

移民国家のオーストラリアならではの朝の一場面ですね

 

オーストラリアのビーチサイド、公園はサーキットトレーニングの聖地 

とあるテレビ番組の効果か近年良く見かけるのが公園なんかで行われているサーキットとレーング

オーストラリアでみかけるこのタイプのブートキャンプってライセンスを取得したパーソナルトレーナーが生徒さんを集めて公園の一角やビーチでやっています

ボクササイズを取り入れてミットウチなんかをしているグループがいたり

ラダーやカラーコーンを取り入れてガッツリ瞬発系を追い込んでいたり

ケトルベルで大きな筋肉を刺激して基礎代謝をあげようとするグループがいたり

それぞれアプローチが違うので見ていて刺激になります

そしてなにより隣の芝生エリアでサーキットトレーニングをやっている人たちを見つけると妙な対抗意識が芽生えます

なにせわれらが教官レジェンドから「あっちに負けんな!がんばれ!」って発破かけられます

 

サーキットトレーニング&オープンウォータースイム そしてラントレ - ゴールドコースト朝活ブログ

 

ザ 鬼門 ランニング

悪気はないですがランニングを表現するのにぴったりな言葉が浮かばなくてこうなりました

ぼくが苦手なのはさておき

ゴールドコーストは走っている人がまぁ多いですね

そしてみんな速い

この人には追いつけるだろうって勝手にターゲットにして走るんですが

追いつけない

そしてどんどんはなれていく背中・・・

 

ムッキムキの兄ちゃんが上半身裸で走っている姿とかをみると重そうで仕方がないのにそれでもフォームはきれいだし

すごいなぁって感心します

ウォーキングに並ぶ朝活の二大巨頭ですね

こちらも手軽にはじめられるから意外にみんな自分のアベレージスピードを知っていたりしますし

フルマラソンの開催地だからかマラソン経験者が雨上がりの竹の子のようにそこらじゅうにいます

 

南太平洋で朝泳ぐ 

以前ブログで朝6時半にはプールの駐車場が満車御礼だって書きました

夏だ! プールだ! - ゴールドコースト朝活ブログ

誇張でもなんでもなくて

7時には水中エアロビクス(主に年配の女性向け)のクラスが行われていますし

室内プールではキッズ(乳幼児)向けのレッスンがあったり

とにかくこちらも老若男女問わず人気

 

50mが基本のオーストラリアのプール

以前泳いでいたときにが恐ろしく速いヒトの隣のレーンになったことがありました

あまりにも速いから呆けたように眺めていたんです

そしたらターンしないでとまりました

「あっ!あがるんだ。」

って思ってみたときにチラッとわき腹に見えたタトゥーが

ちなみにこのとき見たのは女性

べつのときにも練習している男の人で同じタトゥーが入った人がいました

きっと流行ってるんですね~ オリンピアンだろ!!

 

てな感じで元オリンピック選手とか現役が普通に横で泳いでいたりするんですよ

水泳やトライアスロンの日本代表の選手もトレーニングしにゴールドコーストきますからね

やっぱ環境に恵まれているんだなぁってしみじみおもいます

 

朝日の中を颯爽と駆けるサイクリスト

そりゃきっちょむですからね サイクリングですよ

仕事前に、はたまた週末にビーチサイドや山道をいくとそりゃーもう

たくさんのサイクリストがいます

平日は比較的お一人様サイクリストや年配なサイクリストが多いです

結構お腹も立派にパンパンなおひげを蓄えた紳士的なおじさん

とてもいい自転車に乗って、メチャクチャおしゃれに決めたおじさん

あこがれますね

平日の朝から自転車に乗ってカフェでゆっくりとコーヒーをたしなむおじさん

       ・

       ・

       ・

を横目に遅刻しないようにが大慌てで会社へ急ぐぼく

 

週末になると手足のながーい、サドルのたかーいお兄ちゃんや女性のグループライドがシャカシャカと飛ばしています

 

サドル高いのってなんでかすごいかっこよくみえませんか?

ぼくだけですか?

背は低くないほうです180cmありますから

でもね、こと足の長さに関してはオージーだったら170cmぐらいのひとといい勝負じゃないでしょうか

 f:id:gc-asakatsu:20170203155839j:image

 

オーストラリアの朝といえばサーフィンでしょ

「おぃ6つ目だぞ」っていう突っ込みは無視して続けます

だって、オーストラリアの朝活について書いててサーフィンとかボディーボードについて書かないなんて気の抜けたコーラじゃないですか

 

ちなみにぼくはサーフィンについてまったく判らないんですけど

聞くところによるとオーストラリアのポイントと呼ばれるところは「波があがる頻度と大きさが日本とは比べ物にならないくらい半端ない」そうです

日本ではいい波が来た!っておもったらその波に乗らないと次にいい波が来るまでちょっと待たなければならないそうです

ところがここオーストラリアでは「コレに乗れなかったら次に乗ればいいや」って

思えるくらいバンバンあがるし波の質がいいそうです

 

そういえば普通の海水浴でも平気でおぼれそうになるぐらい分厚い波がきます

ビーチで泳いでいて海底にたたきつけられる事ってあります?

ここでは割とあります

「うぉーでかい波が来たー!!」って思っているとあっちゅう間に波に飲まれてもまれて

背中や肩が海底の砂にジョリ.、ゴリってやられます

 

そして上手に波をやり過ごしてもまたでかいのがすぐ来ます

どれくらい大きな波かっていうと

ちょっと大き目のゾウぐらいありそうな水の塊が頭からせまってきます

」っておもったらもう水の中です

 

もがいたりすると上下の感覚がおかしくなっているのでおぼれかねません

水面に上がるまで耐えましょう

 

以上がサーフィンがまったくわからないぼくが語れるサーフィン(海)の魅力?です

 

仕事前に運動するってどうなの?

さて

コレだけ盛んなオーストラリアの朝活

みんな仕事はどうしてるの?ってはなしですが

たぶん皆さん朝活してから仕事に行ってますよ

クルマにワイシャツが掛けてあったりするし

水着で更衣室に入っていったヒトがパリッとしたスーツなんかで出てくると

電話ボックスで着替えて出てくるスーパーマンを思い出します

 

ちなみにオーストラリアの海岸には大体どこでもシャワーが付いています

ぼくらが朝活しているビーチや公園のトイレにも普通にシャワーがあります

シャワーを浴びているとおじさんに話しかけられます

「気持ちのいい朝だね!」とかそんなたわいのない挨拶程度の会話がすごく染み渡る瞬間です

あぁ本当だないい朝だなって

傍から見るとみるとそんなの気持ち悪いでしょうね

朝からおっさんが公園のシャワーで「気持ちいいねぇ」っていって「そうだねぇ」ってニコニコしているの

 

まぁでも

当人たちは楽しいですよ

お昼ごはんのあと恐ろしく眠いですけどね笑

朝活はじめたばかりの頃は朝からメチャクチャ眠くてキツかったです

だんだん慣れてきてむしろ朝活やっていないほうがダレちゃったりしています午前中は

午後になるとお昼ご飯を食べた後だとコレが逆転しますね苦笑

 

一番仕事に支障をきたしているのはワイシャツがパンッパンだっていうことです

なんせDカップですからね