ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

ゴールドコースト トライアスロンに参加してきました

どうもみなさんきっちょむです

年に一回世界選手権とともに開催されるわれらが地元ゴールドコーストにて開催されるトライアスロン大会に参加してまいりました

Luke Harrop Memorialと題されたこの大会も出資するスポンサーさんが昨年よりガラリと変わった事によって雰囲気も規模も様変わりしました

初参戦した2大会前は参加者も少なく運営も、参加商品(ここすごく重要)もチープなものでしたが、中国企業ディベロッパーが参入した事によりオーガナイズもスムーズになっていましたよ

 

 

戦いの火蓋は気って落とされた緊張のスイム!

アシックスやNTTといった日本企業がメインスポンサーに名を連ねるようにもなってなんだか親しみやすさ倍増で今回で3回目のエントリー!

NTTは効果絶大でスイムアップしてNTTのロゴが出迎えてくれるので「ここは日本か?」という妙な錯覚を覚えます←すごく個人的な感想です

 

サイクロンデビーの影響もあり水質や水温、透明度など不安感たっぷりなスイムパート、コンディションが不安だったという事もあるので前日にT中氏とオープンウォーターで泳いでいた事もあって水温の心配はずいぶんと軽減することができました

T中氏と練習しておいてよかった~、しかしレース前に実際に水に入ってみると心拍がバックバクにあがるぐらい冷たくてスタート前の練習中は呼吸が整わずアップアップしてました

さて、レースが始まると河口に向かって流れる潮目もあり「結構らくらく泳げるんじゃない?」なんて思ってましたが蓋を開けてみれば何てこと無い、オージーの肉弾戦に巻き込まれ過去経験した事のないぐらいの大混戦

 なんていったって今大会の35-39歳の部は参加人数も多かったようでアルファベット順で2部制にわけられていたほどの大人数

それでもクロールの手が当たるわ、バタ足で蹴られそうになるわと細身なぼくにはなかなかハードルの高いレースの幕開けとなりトランジションに向かって走ろうにも腕や肩、足にもずいぶんと負担があったようフラフラ

 

 f:id:gc-asakatsu:20170411084640j:image

スイムからバイクへ トランジションでまさかの大失態

 スイムからあがってトランジション(自転車置き場)にたどり着いてぼくが目にしたのは朝6時にセットしたはずのジャージ、サングラス、タオルなどが無いというハチャメチャな状態の”きっちょむニコニコトライアスロンセット”でした

あまりにも慌てすぎて、ヘルメットを被らなければならないのにサンバイザーを被って「いやいや、コレはちがうでしょ」って1人乗り突っ込みしてヘルメットを被って、「あっジャージまだ着てなかった!!」って気がついて・・・・

それはそれはテンパりましたね

完璧に用意していたはずのトランジションでサングラスもないし、あれもコレもっ無い!

急がなきゃいけないときにあるはずのものが無い、そんな時人はあんなにも慌てふためくんだなぁ←遠い目

 

f:id:gc-asakatsu:20170410102555j:image

さて自転車

今までMr Cを筆頭に週末ご機嫌ライドをして鍛えてきた足の見せ場です!

結果は

     ・

   

     ・

 

     ・

 

 

 

去年より遅かったです(爆

 

 

いやーこういうことってあるんですね(笑

練習と称して朝も早くからキコキコやっていて去年より遅くなっているっていうこの事実

もちろんコースも気象条件なんかも違うわけですし、遅いといっても十数秒の話なのでね、ただまぁコレに関しては正直心当たりが無いわけでもないんですよ

練習の強度が足りなかったなぁと、あとはサイクロンの影響で追い込みたかった大会前の期間にまともに練習できなかったのが辛いですね←なんだ?言い訳か?

筋力が無いのでケイデンスをガーッとあげていかなきゃなんですが、試合前に慌てて練習した結果ハムストリングがかわいそうなことになっていたんでね←おぃみっともないぞ言い訳すんな

まぁ結果は結果として素直に受け止めます←受け止め切れてねーぞ

 

ねっランでしょ やっぱりランじゃん!

というわけで鬼門ランですよ

足の後ろ側がパッチパチで、ちなみにどこからかというと土踏まずからモモ裏まで全部プルプルぴくぴくしながら走りました

前半は全く足が出なくて、後半の折り返しぐらいからようやく前に足が出てくるようになったぜという

言っておきますけどねT中氏のお店のスタッフさんが応援に来てくれているところだけはちゃんと走りましたよ

あとはほぼ歩いているのも変わらないぐらいのジョグでした

ほら、証拠写真も残っているでしょう?

走ってるしかも右手を上げている

      ↓

f:id:gc-asakatsu:20170410102605j:image

応援に来ていただいた皆様、笑顔が無いとかスカしてるとか愛想がねぇとか色々ご意見あるかとおもいます

許してください 

人見知りなんです恥ずかしがりやさんなんですマジできつかった!本当にきつかった!

足が痛いからこのまま棄権するんじゃないかと思いました

まぁ二週目からなんとかいける!ってなってがんばりました

それでも5分半ペースですら走れていなかったんですから

自分も腕につけていたGarminをみてビックリ

 

トライアスロンって結局順位なの?それともタイムなの?

あのーいまさら聞きにくいんですけど、トライアスロンってタイムを見たらいいの?それとも順位?

よくわかんないんですよね

初めて出たときはとりあえず完走が目標だったし、前年は溺れない事が目標でした

今年はいよいよそういうのじゃない何かがあったらよかったんですが、まぁねほらよく練習したからいい結果が出ればいいなぁっていう漠然とした思いのまま出走したわけですよ

それでおわってみて???????ってなったわけですね

そもそもコースも違うし、風向きとか潮目とかいろんな条件が違っちゃうから去年のタイムとか順位とかって参考にもならないというか・・・

あっでも成長はひしひしと感じていますよ

ついこの前までマウンテンバイクの人と競っていたぼくがですね、Deep Rimを履いた赤のTrek Speed Conceptと熾烈なデッドヒートを繰り広げましたから!

 

いやぁなかなかすばらしい健脚の女性でした

 

もちろん先の写真に写っていたCannondaleのおじさんともバリバリ競ってましたよ

自転車降りてビックリしましたよなかなか立派なお腹でしたからね

そんなこんなでぼくはカテゴリーで62人中43位でした

 

f:id:gc-asakatsu:20170410114045p:image