読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドコースト朝活ブログ

オーストラリア ゴールドコーストで朝活してます スイム・バイク・ラン そのほかいろいろ

ガーミンの沼にどっぷり!

どうもみなさんきっちょむです

流行の言葉に疎いですがそんなぼくが最近仕入れた新しい日本語を紹介したいとおもいます

それは

 

 

沼とは何ぞや

沼とは一般的に趣味にどっぷりはまっちゃう事を沼と呼ぶそうです

自転車を趣味とする人ならば代表的なのがホイール、サドルなどですね

「あれ?ひょっとしてコッチのほうがいいんじゃないか」とか「新作を試してみたいぜ」とか色々理由がありますね

カメラなんかもその代表的な例で「レンズ沼」なんていったりします

魚眼で撮りたい!」「接写したい!」「月のクレーター撮りたい」そりゃもうレンズの数だけ欲望が渦巻く世界です

 

Garmin(ガーミン)ってなに?

さてみなさんGarminって聞いた事がありますか?

アメリカ人のGaryさんと台湾人のMinさんが作ったGPS機器の会社でアウトドアで活躍する色々なデバイスを販売している会社です

 えぇ判りますよ 色々ってなんだよってことですよね?

正直たくさんありすぎてよく判りません

 

詳しくはこちら

   ↓

ガーミンについて | Garmin | Japan | Home

 

ただ、見ているだけでワクワクするほど楽しそうです

コンピューター好きなひとなんか大喜びしそうなガジェットの数々

そんな数あるガジェットの中からぼくが厳選して手にしたアイテムをご紹介いたしますって言うのが今回の記事の内容です←ようやく本題

 

f:id:gc-asakatsu:20170413082032j:image

これ以外にも妻用に色違いの腕時計が一つありますがそれは以前使用していたVivofitの画面が読めなくなってしまいましたのでVivo Activeへアップグレードとなりました

 

ガジェット沼の歴史

簡単にぼくのGarminの歴史を振り返るとそれはまずSunntoのAmbit2Sというトライアスロンに特化した腕時計からはじまります(いきなりガーミンじゃない)

なぜかこの子の調子が悪く走りにいこうと思って起動するとGPSが読みこまないなどの不具合が生じまして困っていたところ飲食店経営のT中氏がなにやら腕時計をしているのを発見しましてたずねましたところGarminVivo Activeというスマートウォッチだと教えられました

そこで早速購入

ラン、スイム、バイクのスピード計測なんかもGPSでしっかりしてくれるのでかなり重宝するのですが、何せ腕時計なもので自転車のときにスピードなんかを確認するのがはっきり言って不便だったんですね

そんなことで自転車に特化したサイクルコンピューターが欲しくなっちゃうわけですね

で、次に手にしたのが真ん中のGarmin Edge25という一番お求め安いやつです

トライアスロンするのにもタイムがわかるしコレで十分だったんですがなんとケイデンスがはかれない事なんかもあり、クレジットカードのポイントでGarmin Edge 520へアップグレード!

現在に至る

というところです

 

Vivo Activeという腕時計の完成形

今日この記事を書いたのもそもそもこれが言いたいが為に書いていると言っても過言ではない

それほどこの時計を推しているぼくです

たぶんこの腕時計がある限りぼくは腕時計を買う事はこれから一生無いでしょう

ジジイになってもこの時計と添い遂げるんだというぐらいぞっこんです(注:壊れるまで)

それもそのはず、なんとこの時計走ってよし、自転車乗ってよし、泳いでよし、携帯電話にもつながっちゃってLINEやMessengerはたまたTwitterの新着がみれてしまう夢のような代物なんです

腕時計としての機能面、また運動する人向けのガジェットとしての能力はGarmin Connectという専用のサイトで恐ろしく多種多様なソフトウェアがアップロードされているためまだまだ発展途上にありまさに伸び代だらけ!

ちなみに個人的な意見ですがぼくには時計で電話ができるとかメッセージを打ち込む事ができるみたいなのは全く持って不要で、今すぐ対応しなきゃいけないものかどうかの判断さえできれば必要十分なんです

 

 

Vivo Active最大の魅力とは

ただ、そんな事ではこの時計のすばらしさは語りきれません

この時計の一番の売りはなんといっても軽さ

そう!運動する上でまったく気にならない重量が最大のポイントなんです

たぶんその辺のおしゃれ革細工なんかよりよっぽど軽いですから腕時計が苦手だという人にとっても違和感を感じさせないはずです

 

惜しむらくはそのデザイン性でしょうか、人によってはこの真四角の形と白か黒という色が好き嫌いの運命の分かれ道となるでしょう

 

ただね、声を大のして言いたい

この軽さは正義だ!! 

 

トライアスロンVivo Activeを使ってみた 

つい先日のトライアスロンVivo Activeが大活躍しましたよ〜

と言いつつぼくはスイムとランだけVivo Activeにお世話になりました

もちろん自転車も機能的には問題ないんですが、それだとスイムアップしてすぐ濡れた手で設定をやらなければならずコレは大変なロスになる、面倒だしトランジションで無駄な時間を過ごすことは避けたいということでスイムとランだけに使っています

Garmin Connectのソフトウェアの中にトライアスロン用のアプリがあったので 以前ダウンロードして使ってみたのですが何故か自転車中にフリーズしてしまった過去があるので今はおとなしくVivo ActiveのGarminオリジナルのスイムとラン用を使いながら自転車はGarmin Edge25を併用するパターンでやっていました

 

Garmin Edge520の優れっぷり

みなさん気がつきました?

そうぼくは「やっていました」と過去形で言ったんです

今はなんとEdge25からアップグレードしてEdge520を使っているんです

このマシーンはなんと信号待ちで勝手に止まったり、ケイデンスを計ってくれたり、はたまた携帯電話とBlue Toothで同期したりとそれはそれはできる子なんです

おかげでトライアスロンのレース中の試合運びなんかがすっごく楽になるはずなんです←正直言います。まだ使いこなせてません

 

次のGarminはコレだ!

さて、こんなGarmin漬けのきっちょむですが、次に狙っているのは心拍が計れるVivo Activeなんですよ

素敵すぎないですか?

もう、これ一つでの万能感がまさに

えっ!

そう、そうなんです

割と最初の方に今持ってるやつと添い遂げるって言っちゃったなぁって

うん

なので、そのうち打ち所が悪かったりして

ねっ

ほら

そんなことがあった場合にはって事で妄想してみました

 

本日は以上

また来て下さい〜